相続相談や税務相談なら|さくら相続センター株式会社

0120-339-137│ご相談、お問い合わせはこちら

各種届出について


相続が発生したらしなければならない手続きは、細かくあげていったら100項目近くあります。大きく分けて、ほとんど誰もが関わる「基本手続き」、クレジットカードや会員証、金融取引といった「止める手続き」、生命保険や年金、葬祭費といった「もらう手続き」、不動産登記や借地契約、また預貯金などの「引き継ぐ手続き」、そして財産分与に関わる「法律上の手続き」の5つに分類出来ます。
ここではまず最初に行わなければならない、期限のある「基本手続き」を一覧表にまとめました。

手続き・届出

手続き・届出の窓口

期限

必要書類

死亡届(戸籍)

故人の本籍地・住所地・死亡地・
届出人の住所地の市区町村役場

7日以内

死亡診断書

火(埋)葬許可証
交付申請

死亡届と同じ市区町村役場

7日以内

死亡届と同時に

世帯主変更届
(住民票)

住所地の市町村役場

14日以内

印鑑・
国民健康保険証

準確定申告
(被相続人の
 確定申告)

被相続人の住所地の税務署

4ヶ月以内

確定申告書
その他申告書類

運転免許証返却

住所地管轄の警察署

速やかに

運転免許証

健康保険証返却
健康保険停止・変更

国民健康保険:住所地の市区町村役場
健康保険:勤務先・社会保険事務所

速やかに

健康保険証
被保険者資格
喪失届

年金手帳返却
年金停止

国民年金:住所地の市町村役場厚生
共済年金:社会保険事務所

速やかに

年金手帳死亡診断書
戸籍謄本

死亡退職届
(在職中の場合)

勤務先

速やかに

特になし

身分証明書返却

勤務先

速やかに

特になし



その他の項目もしっかりチェックしましょう
相続全体の流れ 相続税の申告 相続税の税務調査




フッター