相続相談や税務相談なら|さくら相続センター株式会社

0120-339-137│ご相談、お問い合わせはこちら
  • HOME
  • 相続に関する税務をスムーズに進める

相続に関する税務をスムーズに進める

相続に関する手続きは多岐に及びます。特に相続税申告については10か月という短い期間でスムーズに行うためには効率化も必要です。こちらでは効率化を可能にする方法の1つとして、税務相談の際にも伺う機会の多い遺品整理について注目してみました。

枝葉の部分を把握する

相続に関わる税務をスムーズに進めるためには、優先度の高い手続きや協議の準備になるべく早く取り掛かることが必要です。そのためには相続に関わるメインと枝葉の部分がどこなのかを把握する必要があります。 税務相談の中でも故人の財産を把握・財産目録の作成に関しては重要視されますが、優先して手続きすべきものとそうでないものはどれなのかということを把握するためにも重要なものです。

遺品整理は分類が大事

財産の把握には、故人の遺品整理をどれだけスムーズに進められるかも重要となります。特に大阪中心部や住宅地の多い高槻市・茨木市近隣では、ご高齢者の1人暮らしも多く、遠方から出てきたご家族が限られた時間の中で行うケースも少なくありません。 しかし、遺品の中にはご家族が処分に困ってしまうものもある場合があります。例えば、写真などの思い出の品は整理するのに時間がかかるものの1つです。相続にかかる税務のスムーズ化を図るためには、税務上必ず計上が必要になるものと枝葉となる可能性が高いものの分類を効率よく行う必要があります。

中には財産になるものもあるかも

故人の遺品整理をする際に気をつけないといけないのが、相続税の対象となる財産と知らなかった場合です。例えば、故人が生前大事にしていたコレクションは処分に困るものの1つです。しかし、ニッチな業界の中では数十万~数百万という単位で取り引きされるものもあり、その場合は相続が開始された時点での時価で計上することが税務上必要となります。 後に財産として計上することが発覚した場合、申告し直さなくても済むように対策をご相談させていただくこともできます。そうした可能性があるようでしたら税務相談の際にご連絡ください。

弊社では大阪・茨木市・高槻市・近隣エリアの吹田市、豊中市、箕面市で相続について税務相談を承っています。ご家族の負担が少しでも軽くなるように、スムーズな相続をしたいという方がいらっしゃいましたらお問い合わせください。


フッター