相続相談や税務相談なら|さくら相続センター株式会社

0120-339-137│ご相談、お問い合わせはこちら
  • HOME
  • 自筆証書遺言作成時のルール

自筆証書遺言作成時のルール

遺言書の書き方にはルールがあります。有効的な遺言書を残すためにも作成に取り掛かる前に事前にルールを把握しておきましょう。こちらでは自筆証書遺言書作成時の基本的なルールをご紹介いたします。

不動産に関することを記載する場合は表現に注意する

相続と似た言葉で遺贈という言葉があります。相続と遺贈という言葉を使用していれば、相続人に財産を与えることができますが、不動産に関する内容を記載する場合は遺贈ではなく相続させるという表現方法を使用することで、相続人はスムーズに移転登記ができる登録免許税です。そして不動産を相続させる場合に対象となる不動産を記す時、登記簿どおりの番地までしっかりと明記しなければ無効となってしまう可能性があります。

日付と押印を忘れずに

普段使わないような言葉を使用して遺言書を作成する時は緊張してしまう方もいらっしゃるでしょう。遺言書作成時のルールで気をつけなければいけないポイントが日付と押印です。内容がしっかり書けていても日付漏れや押印漏れがあると、無効となってしまうのです。最後まで書けたら日付と押印を忘れていないかきちんとチェックするようにしましょう。

具体的な理由や経過を添える

遺言書を作成していても、場合によってはトラブルを招いてしまうことがあります。やはり理由が記されていなければ残されたご家族の中でトラブルが起きてしまうことがあるのです。具体的な理由や経過を加えると残されているご家族の中で起きるトラブルを防ぐことができます。相続人の取り分が極端に違う場合は特に具体的な理由や経過を添えることをおすすめします。

このようなポイントに注意しながら遺言書を作成することが大切になります。大阪の茨木・高槻・吹田・箕面周辺にお住まいの方で遺言書作成に関するお悩みや相続に関するお悩みをお持ちの方は、弊社にご相談ください。 初回のご相談は無料で対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。


フッター