相続相談や税務相談なら|さくら相続センター株式会社

0120-339-137│ご相談、お問い合わせはこちら
  • HOME
  • 相続放棄の注意点

相続放棄の注意点

現金・預貯金や不動産といったプラスの財産が多い場合、ほとんどの方が遺産相続を検討すると思います。しかし、時にはプラスの財産よりも、借金などのマイナス財産のほうが多いケースも少なくありません。この場合、相続放棄することでマイナスの財産を相続せずに済みます。相続放棄と聞くとメリットが大きいイメージが強いですが、注意するポイントもいくつかございます。

プラスの財産も相続できない

相続放棄とは「被相続人の相続財産を一切相続できない」ということです。これはマイナスの財産だけでなく、プラスの財産も放棄することになります。そのため、相続放棄後に現金や預貯金、不動産などのプラスの財産が見つかっても相続できないのです。また、家庭裁判所が相続放棄を認めても、債権者が相続放棄の審判の無効を訴えることは可能です。必ずしも「相続放棄したから安心」という訳ではないので注意が必要です。

「争族」に発展する可能性がある

法律によって相続する権利を持つ人の順位は決まっています。第1順位は被相続人の配偶者・子、第二順位は直系尊属(父母、祖父母など)、第3順位が兄弟姉妹となります。もし被相続人に借金があったと発覚した場合、借金から逃れるには第1順位から第3順位迄、順番に全員で相続放棄する必要があります。 ところが相続権が移動することを知らない方は多く、次順位の相続人に相談せず相続放棄を行い、次順位の相続人が借金を相続する羽目になったケースも少なくありません。その結果「争族」に発展する可能性が出てくるのです。相続放棄を行う際は必ず他の相続人と話し合うことが大切です。

相続放棄の撤回は認められない

相続人の意思に反する事情があった場合を除き、相続放棄は一度行うと撤回が認められません。撤回を認めてしまうと他の相続人や債権者に迷惑がかかり、相続トラブルに発展する恐れがあるためです。相続放棄を後悔しないためにも、相続財産の調査はしっかり行うようにしましょう。

大阪の茨木・高槻・吹田・箕面エリアで相続問題にお困りの方は、お気軽に弊社へお問い合わせください。相続税対策や遺言書作成などの相続相談を受け付けております。早めの相続相談がつらい相続トラブルの回避に繋がります。相続に関する悩み・不安をすっきり解消しましょう。


フッター