相続相談や税務相談なら|さくら相続センター株式会社

0120-339-137│ご相談、お問い合わせはこちら
  • HOME
  • 相続対策の話を切り出すタイミング

相続対策の話を切り出すタイミング

相続の話題になると「まだ早いのでは?」とおっしゃる方が多いですが、元気なうちに相続対策を行うことは、残されたご家族・ご親戚のためでもあります。心身ともに健康で、十分な判断力があるうちに、相続対策をスタートしましょう。

相続の話題を切り出すきっかけ

日々の生活の中で、相続の話を切り出すことは、なかなか難しいことだと思います。そこで、人生のイベントや、何気ない会話をきっかけにして、相続対策に関する話を切り出してみてはいかがでしょうか。親子間での話し合いを想定して、相続の話を切り出しやすいタイミングを、いくつかご紹介します。

  • 親と子供が同居することになった時
  • 親が、健康や介護に関する話題を口にした時
  • 子供が親の介護を始めることになった時
  • 友人、知人に相続争いがあった時
  • 親が、住宅のリフォームや建て替えを検討している時
  • 資産運用や不動産売却など、財産に大きな動きがあった時
  • 高齢者を狙った詐欺や空き巣などの事件が話題になっている時

このように、相続対策に関する話題を切り出しやすい場面は、意外と多いのではないでしょうか。ただ、相続という問題は、人が亡くなることを前提としたものですから、非常にデリケートな問題でもあります。
突然、相続の話を始めると、「早く財産を欲しがっているのでは?」と受け止められてしまう場合もあります。日頃から相手の健康や生活を気にかけてこそ、相続に関する話も、素直に受け止めることができるかと思います。
とても大切な相続という問題は、ご家族でじっくりと話し合い、時間をかけて熟慮すべきことです。
この機会に、ご家族にとって必要な相続対策を考えてみませんか。

弊社には、相続手続きに強い専門家が多数在籍しており、相続に関するお困りごとに、的確なアドバイスとサポートを行っております。弁護士や税理士も手数料不要で、ご紹介しております。専門分野ではないからといって、たらい回しにすることはいたしません。大阪の茨木・高槻・吹田・箕面にお住まいの皆様、まずはお気軽に、無料相談のお問い合わせをお願いします。


フッター