相続相談や税務相談なら|さくら相続センター株式会社

0120-339-137│ご相談、お問い合わせはこちら
  • HOME
  • 他人事ではない相続問題

他人事ではない相続問題

相続問題なんて、うちには関係のない話だ。」と、思い込んでいてはいけません。ドラマで見たことのあるような相続に関するトラブルも、実際には起こり得る話なのです。

財産とは

財産と聞くと、どうしても「お金」のイメージが強くなってしまいがちです。しかし、現金や預貯金だけが財産というわけではありません。財産とは、個人や団体が所有している経済的価値のあるものの総称です。土地・建物・金銭・品物・有価証券など、それ自体に価値のあるものは全て、その所有者の財産です。

相続とは

所有者が亡くなり、遺言で指定された人または権利のある人に財産が受け継がれることを相続と言います。
遺言で指定されている人に受け継ぐことを「遺言相続」と言い、優先的な相続の対象となります。
また、民法が定めたルールに従って、相続の権利がある人に受け継ぐことを「法定相続」といいます。
相続の対象となるものには、土地・現金・株券・貴金属類・車・書籍・骨董品類・樹木類・建物などがあります。

負の遺産

プラスの価値があるものばかりが財産だと思っていませんか。実は、借金・損害賠償債務なども「負の遺産」として、相続の対象となります。生前は存在を知らなかった両親の借金などが発覚してしまうというパターンも少なくありません。つまり、相続問題はお金持ちだけの話ではなく、誰の身にも起こり得るものだということです。お金がないからこそ、もめてしまうこともあるのです。

税金の支払い義務

財産を相続することで、税法上の一定のラインを超える場合には、相続税がかかることがあります。遺産を相続するということは、相続税の支払い義務が発生する可能性があるという認識を持っておく必要があります。遺産相続とは、様々な法律が関係してくる、とても複雑なものです。身内や当事者同士で話し合いによる解決をしようとして、余計に話がこじれてしまうケースが多々あります。

相続専門アドバイザー 相続は、信頼と実績のある専門家に相談することが理想的です。これは、まだ相続を迎えていない人にも、今まさに相続が発生してしまった人にも、発生しそうな人にも言えることです。
大阪府茨木市にオフィスを構える弊社では、相続が発生してしまった場合に、経験豊富な相続専門アドバイザーが解決に向けてのお手伝いをさせていただきます。
もちろん、遺言や遺産分割、生前贈与、相続税に関するご相談も対応させていただきます。高槻・吹田・箕面などからもアクセスしやすくなっておりますので、ぜひお気軽にご連絡ください。


フッター