相続相談や税務相談なら|さくら相続センター株式会社

0120-339-137│ご相談、お問い合わせはこちら

名義が異なる相続財産


相続財産が被相続人の名義になっていればよいのですが、日本の社会においては、応々にして子供名義にしてある場合が多いようです。
このように名義が異なっている場合は、どうすればよいのでしょうか。

この場合、名義はともかく、被相続人のものであれば、被相続人の財産になります。
以上、見てきたように、相続財産が明らかになって、それをどう分けようか、ということで協議することになるのですが、協議する前の相続財産を明らかにすることが一つの大きな問題であります。


フッター