相続相談や税務相談なら|さくら相続センター株式会社

0120-339-137│ご相談、お問い合わせはこちら

相続財産の名義変更の仕方

1.相続財産を調べる(確定する)

相続財産の分割をするためには、その対象たる相続財産を調べる必要があります。
 
*相続財産の確定作業* 
相続財産につき、法は「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。」(民法第896条)と定めるだけです。
ただ、「系譜、祭具及び墳墓の所有権は、習慣に従って祖先の祭祀を主宰すべき者がこれを承継する」(民法897条)とされていますので、位牌、遺骨などは相続財産にはなりません。
 

ア).権利だけでなく義務も相続財産
相続財産は、一切の権利義務です。
権利とは、資産のことです。
被相続人所有の不動産(土地、建物)、借地権・借家権、株主(上場されていて証券所の取引 があるものだけに限らず、取引相場のない個人経営の会社の株式なども含まれます)、ゴルフ会員権、預貯金、貴金属、現金など、すべて価値のあるものが該当 します。


イ)権利だけでなく、義務も相続財産
義務とは、負債のことです。
借入金、通常の連帯保証債務などがこれに該当します。
生命保険金や退職金の受給権については、法律や就業規則などによって、受給権者の範囲と順序が決まっており、その定められた者の固有の権利とみなされています。
しかし、相続税法上は、「みなし相続財産」として相続財産が課税されます。


フッター