相続相談や税務相談なら|さくら相続センター株式会社

0120-339-137│ご相談、お問い合わせはこちら
  • HOME
  • 預金口座の凍結

故人の預金口座は凍結される!

葬儀は何かとお金がかかります。
そんな時、一番困るのが死亡者名義の預貯金がおろせなくなることです。

故人の死亡を金融機関に届けた時点、あるいは、故人の死亡が銀行などにわかった時点で故人名義の口座は凍結されます。
ということは、入金、送金、引き出しは勿論、自動引き落としされている公共料金も引き落とせなくなるのです。

遺産分割が確定するまでは、一部の相続人が勝手に預金を引き出して他の相続人の権利を侵害することを防止するために、銀行も預金の引き出しを凍結するわけです。

凍結はいつまで続くの?

死亡者名義の預貯金は、名義人の死亡時点より法的には“遺産”になります。
つまり、相続財産になってしまうのです。

ですから、金融機関のこの行為は遺産保全のための措置で、遺産分割が確定するまで続きます。

具体的には、凍結された預貯金を引き出すためには、銀行に次のような書類を提出しなければなりません。
1.その銀行預金を誰が具体的に取得したかを示す遺産分割協議書
2.遺産分割協議書を作成していない場合、引き出すことに相続人全員が承諾した旨を示す承諾書
3.亡くなった人の戸(除)籍謄本及び相続人の戸籍謄本
4.銀行所定用紙の死亡届出書
5.相続人全員の印鑑証明書

つまり、遺産相続について正式に決まっている状態ですから、通常、死後数ヶ月はかかることになります。

フッター