相続相談や税務相談なら|さくら相続センター株式会社

0120-339-137│ご相談、お問い合わせはこちら

専門家の選び方:金融機関・不動産会社

知っている会社名や規模の大きさだけで、相談者を選ぶのは危険

相続関連で、金融機関と不動産会社に相談するケースとはどのような場合でしょうか。
 

金融機関は何をしてくれるの?

相続とは財産の引継ぎですから、金融機関は相続の相談相手として活躍するケースが多いようです。なかでも、信託銀行などは特に相続に力を入れているようです。大事な財産を守ったり、運用してくれる頼れる相談相手になるかもしれません。

ただし、顧客層は高額財産をお持ちの方が多いようです。一般的には、財産が3億円以上の方、つまり俗に言う富裕層を対象にしたサービスが多いといえます。資産運用に関する手広いアドバイスをもらえますが、その分サービス費用も高額になります。サービスに掛かる費用は、財産評価額の2~3%が一般的です。
 

不動産会社は何をしてくれるの?

近年、不動産会社のなかには、相続を得意とする業者も増えています。親身に相談にのってくれたり、税理士と連携して相談者のためになる活動も行っています。

しかし、不動産会社は不動産の売買・賃貸の仲介が主な仕事です。当然不動産の売り買いが発生しないと、それらの活動はすべてボランティアになってしまいます。ですから、不動産会社の提案内容には、不動産売却を外すことはできません。
被相続人や先代からの遺産は、できる限り手放したくないという相続人の方は多くいらっしゃいます。その相談相手が、不動産を売ること前提に話を聞いているようでは、最も頼れる「相談相手」にはなれないかもしれません。



その他の専門家はどうなの?比較してみましょう!
相続専門アドバイザー 弁護士・司法書士・行政書士 税理士・ファイナンシャルプランナー


フッター