相続相談や税務相談なら|さくら相続センター株式会社

0120-339-137│ご相談、お問い合わせはこちら

特別受益分


特別受益とは生きているうちに、被相続人(亡くなった人)から特別の援助を受けた場合(商売の資金援助、マイホーム資金など)に、これを無視して、相続分を計算するのは、不公平になるため、被相続人が生きている間にもらった分は、相続分の前渡しとして、計算することです。 

具体的には相続される人(被相続人)には、奥さんと、長男と次男がいるとします。
長男にのみ、生きている間に、マイホーム資金として1000万円を贈与していて、次男には、贈与はなっかたとします。
そして、遺産が、3000万円だった場合、3000万円に1000万円を足した、4000万円を分割する相続財産として、遺産分割します。
これを、法定相続分でわけると、奥さんが二分の一の2000万円、長男が四分の一の1000万円、次男が四分の一の1000万円となります!

しかし、ここで、長男が1000万円をマイホーム資金として、提供を受けていたので、これを差し引きます。

よって、長男の相続分は0円ということになります。特別受益分が最後に差し引かれます。

↓↓ その他の項目もしっかりチェックしましょう ↓↓  



フッター