相続相談や税務相談なら|さくら相続センター株式会社

0120-339-137│ご相談、お問い合わせはこちら
  • HOME
  • 遺産を相続するには

遺産を相続するには?

相続は、人が亡くなった際に必ず発生します
故人の現金や預貯金、亡くなった時に支払われた生命保険金、死亡時の退職金から、土地などの財産まで、お金になるもの・所有者の届出をしているものは、基本的に名義を変更し、持ち主を変更しなくてはなりません。
「今までそんな話は聞いたことがない」という方は、もしかしたらあなたのおじいさま、おばあさまの名義のままになっているかもしれません。
心当たりの方は、今すぐ確認することをお勧めします。
あなたの知らないところで、知らない借金などを背負うことになってしまう可能性などもあるのです。

法定相続人について

では、亡くなった人の名義を変更するとして、誰がその持ち主になるのでしょうか?
相続をした後の持ち主は、「法定相続人」として法律で相続する人が決まっています。
法定相続人について詳しくはこちら
基本的にはこの法定相続人の持分割合で相続財産は分割されるのですが、そもそもこの法定相続人を特定することが非常に大変です。
なぜならこの法定相続人の特定をする場合、法定相続人全員分の戸籍を揃えなくてはならないからです。
戸籍を揃えるには、それぞれ法定相続人の本籍地の役所から発行してもらわなくてはなりません

自分の分だけならまだしも、少なくても親・兄弟の分は間違いなく必要になりますし、それだけに止まらず、伯父、伯母、甥、姪、孫の分まで必要になった場合は、誰が戸籍を集めればよいのでしょうか?
特に日中お仕事をされている方は、夜遅くまで開いているわけではない役所でそれぞれの手続きを進めるとしたら、それはとても非現実的な作業とお感じではありませんか?

相続方法の決定は3ヶ月以内

さらに相続には大きなポイントがあります。
それは、相続人の死後3ヶ月以内に、「相続人の確定」「相続財産の確定」「遺言書の検認・開封」といった手続きを全て終わらせておかなくてはならないということです。
相続人の確定は、相続の第1段階が終わったに過ぎません
これからが相続の大変なところなのです。

北摂相続サービスセンターの相続手続きサポートサービス

北摂相続サービスセンターでは、相続人確定に関するご相談および、相続人確定調査サービス無料でサービスさせていただいております。
まずはお電話にてご相談のご予約をお取りください。
土日も個別相談会にて無料相談サービスを実施中です。
平日のご都合が付かないお客様は土日無料相談会もご利用ください。


フッター