相続相談や税務相談なら|さくら相続センター株式会社

0120-339-137│ご相談、お問い合わせはこちら

借金が多かった場合

相続する財産は、プラスの財産だけではありません。
同時に、借金などのマイナスの財産も相続することになります。
しっかり財産調査をして、相続をするべきかを判断してください!


被相続人に借金がある場合、プラスの相続財産よりマイナスの相続財産の方が多い場合等々、単純に相続したくない場合は、相続を放棄することができます。これを「相続放棄」と言います。相続放棄を行う場合、申告は相続発生後3ヶ月以内に行う必要があります。

相続の難しいところで、「プラスの財産は引継ぐけど、マイナスの財産は引継がない」ということが、原則としてできません。したがって相続が発生したら、原則、「相続するか」、「相続放棄するか」の選択をしなければなりません。そして、相続発生を知ってから3ヶ月の間に家庭裁判所に相続放棄の申立をしなければ、プラスの財産もマイナスの財産もすべて相続することになります。

相続を放棄するとは?

プラスの財産よりマイナスの財産が大きい場合、相続をしても何の得もないわけですから、相続すること自体を放棄することが可能です。ただし条件あります。

・相続人が相続開始を知った時から3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申述
・相続人が複数いる場合、一部の人だけが放棄することも、全員が放棄することも可能

相続放棄は、マイナス面の財産を引き継ぎたくない、というケースばかりか、誰か一人に相続させたい場合や、感情的に相続したくない場合にも有効です。

相続する場合は?

相続人である場合相続は自動的に発生しますので、相続する場合に特別な手続きなどは必要ありません。ただし相続する場合でも「単純承認」と「限定承認」という2つの選択肢があります。

「単純承認」
通常の相続手続きです。被相続人の相続財産(プラスの財産およびマイナスの財産)を
すべて相続します。

「限定承認」
限定承認とは、プラスの財産とマイナスの財産があった場合に、プラスの財産の限度においてマイナスの財産も相続し、それ以上のマイナスの財産を相続しないやり方です。
限定承認にも、いくつか条件があります。
・相続人が相続開始を知った時から3ヶ月以内に、家庭裁判所に限定承認の申述
・相続人が複数いる場合、相続人全員でする必要があります



その他の項目もしっかりチェックしましょう
相続全体の流れ 各種届出について 法定相続とは


フッター